[English Page]

TTYPLAYER のページ

TTYPLAYER とは

TTY レコーダー `ttyrec' (http://www.namazu.org/~satoru/ttyrec/ 参照) で「録画」された文字端末 (X11上の Kterm など) の入出力ファイルを、 Web アプレット上で「再生」するのが TTYPLAYER です。

TTYPLAYER には、以下のような応用が考えられます。

デモ: とりあえず再生してみる?

(あなたの Web ブラウザに、Java アプレット実行機能が必要です)

機能

Kterm の主なエスケープシーケンスを実装していますが、 一部の機能が未実装です。 未実装な機能は以下の通りです:

プログラムの構造は、 「TTYPLAYER = (端末機ソフトウエア − キーボード制御 − 回線制御)」 のような感じです。 言い替えれば、 エスケープシーケンスを解釈する有限状態機械+画面描画、 といった感じですかね。 割と真面目にコードを書かないといけないので、 ちょっとめんどくさいです。 (手抜きできなかった)

開発中のソースコード

正式公開はもうしばらく待って下さいね。 (開発中なので)
でも一通りは動きます。 このソフトウエアはフリーソフト (ライセンス: GNU General Public License)とします。 自由にお使い下さい。
フォントファイルは X Window System 附属のものを使います。 (ライセンスは各フォントファイルに書かれているものに従って下さい.)

開発者

角川裕次
h.kakugawa@computer.org
このページのアクセス回数: 19331