サイトマップ

1.競技場
競技場は,以下のように定義される.以降,下の図における上下左右によって 方向を表す.
  • 廊下(大理石部分)上とする.
  • 始点,終点として板が与えられる.
  • 始点と終点の間にT(ターゲット),D(ダミー)の板が存在する.
  • 板の間隔は15cm以上とする.
  • コースの全長は1〜7mで、横は1m前後.横はコース内外をひもで 仕切る.
  • 始点,終点,T,Dの板は,厚さ5mm,横幅1m前後とし縦幅に関しては 次の条件を満たすものとする.
    • 始点,終点の板は幅10cm.
    • Tの板は幅5cm.
    • Dの板は幅3cm.
競技場

2.マシンの動作
上記の競技場において,マシンは次の通り動作しなければならない.

  1. 始点Eに触れる,かつ,中心にある状態からスタート.
  2. 終点Eに触れた後,始点Eに戻ってきてLEDを点灯して停止.
  3. 始点と終点の間のTの数をPCで出力.
3.マシン規定
作成するマシンは,以下の条件を満たさなければならない.
  • 常に16.5cm×16.5cmの正方形に収まる大きさである.
  • 電源は充電池8本から供給.
  • CPUに類する制御装置は,本体に搭載しない.
  • 制御は,無線RS232C経由でPCから行っている.
  • 停止判定用LEDを搭載している.
  • 制御ソフトウェアはマシンのスタート動作のみで,競技場情報などの パラメータを渡していない.
4.評価方法
ひとつの競技場において,各チームが1回ずつマシンを動作させることを セットと定義する.今回は,1セットで勝ち点を最大3点得ることができ, 5セット行った合計点が多いチームを勝ちとする.

各セットにおいて,次のように勝ち点を与える.

  • 時間のみで評価をする.失格,ペナルティの概念が存在.
  • 1位3点,2位1点,3位0点.
    • 失格のチームには勝ち点は与えない.
    • 2チーム失格のとき:1位3点,失格0点
ここで,失格とは,次の条件の1つ以上を満たした場合を意味する.
  • コースアウト:車体の一部がひもに触れる.
  • 停止位置ミス:停止時に真上から見て車体が始点Eと被っていない.
  • 折り返しミス:真上から見て車体が終点Eから完全に出る.
  • 以下の停止条件を満たさない.
    • 車体が停止していること.
    • プログラムが終了すること.
    • 車体に取り付けられたLEDがプログラム終了時に点灯すること.
    • PCがTの数を整数として出力すること.
また,ペナルティは以下のように設定する.
  • カウントエラー:1本の誤差につき5秒追加.
  • 停止オーバー:停止時に車体が始点Eを越えた場合,越えた水平距離 1cmにつき5秒追加(1cm未満は切り上げ).
5.その他
予算は1万円以内とする.充電池,無線RS232Cは別予算とする. ただし,増澤研内に落ちている部品は自由に利用してよい.