サイトマップ

1.概要
図のようなフィールドに描かれた棒のうち,できるだけ長い棒の上にできるだけ早く止まる
2.競技場
競技場は,以下のように定義される.以降,下の図における上下左右によって 方向を表す.
  • フィールドはB0用紙にプリンタで印刷.
  • フィールドの仕様は図1の通り.
  • フィールドの枠の大きさは100cm×70cm.
  • 10cmごとに横の線に並行な補助線が引かれている.
  • 棒の始点及び終点は補助線ないし枠線から5cmの位置.
  • 棒の置かれている位置は10cmごと.
  • 枠線及び補助線の太さは1cm.
  • 棒の太さは3cm.
  • B0用紙の端から枠線までの長さは左右は20cm程度,上下は15cm程度
競技場

3.マシンの動作
上記の競技場において,マシンは次の通り動作しなければならない.

  1. フィールド外から70cm(縦)の枠線へ向けて発進.
  2. ほぼ垂直に枠へ触れるように配置.
  3. 車体全体が枠線へ触れるように配置.
  4. 停止判定用LEDが点灯した時点で終了.
4.マシン規定
作成するマシンは,以下の条件を満たさなければならない.
  • 常に18.0cm×18.0cmの正方形に収まる大きさである.
  • 電源は充電池8本から供給.
  • CPUに類する制御装置は,本体に搭載しない.
  • 制御は,無線RS232C経由でPCから行っている.
  • 停止判定用LEDを搭載している.
  • 制御ソフトウェアはマシンのスタート動作のみで,競技場情報などの パラメータを渡していない.
  • 車体の位置を定義する一点を定めること.
    • 点の直径は1cm以内.
    • 棒の上に止まったかどうかの判定のみに利用.
    • その一点が棒に接触しているかどうかを容易に判定できるようにすること.
5.評価方法
競技場の数は3種類とし,各チームは1フィールドにつき3回ずつマシンを動作させ,計9回の試技を行う.スタート位置は各チームが1フィールドにつき1回ずつ指定する.各試技において1位のチームは4点,2位のチームは2点,3位のチームは1点を得ることができ,9回の試技の合計得点が多いチームを優勝とする.ただし,失格の場合は0点とする.

各試技において,次のように勝ち点を与える.

  • 止まった棒の長さと時間で評価をする.失格,ペナルティの概念が存在.
  • 1位4点,2位1点,3位0点.
    • 失格のチームには勝ち点は与えない.
    • 2チーム失格のとき:1位4点,他0点
ここで,失格とは,次の条件の1つ以上を満たした場合を意味する.
  • 停止判定用LED点灯後動いた.
  • 5分以内に停止しなかった.
  • 棒の上に止まらなかった.
  • 車体が紙から完全に出た.
    • フィールドから出ることは認める.
  • 走行中に人間が手を触れた.
6.その他
予算は1万円以内とする.充電池,無線RS232Cは別予算とする. ただし,増澤研内に落ちている部品は自由に利用してよい.