サイトマップ

1.概要
図のようなフィールドに描かれた2つの数字を読み取る. できるだけ正確に,できるだけ少ない手数で止まる.
2.フィールド規定
フィールドは,以下のように定義される.以降,下の図における上下左右によって 方向を表す.
  • フィールドはB0用紙にプリンタで印刷.
  • フィールドの仕様は下図の通り.
  • 数字枠の1辺は40cm.
  • B0用紙の端と数字枠の間は,上下30cm,左右25cm.
  • 数字枠と数字枠の間は10cm.
  • 数字を描画する棒の太さは3cm.
  • 実際には,数字枠は描画されていない.
フィールド

  • 描かれる数字は以下の通り
  • 1フィールドに同じ数字は描かれない
数字

3.車体規定
作成するマシンは,以下の条件を満たさなければならない(下図の通り).

  • 常に18cm×18cmの正方形に収まる大きさ
  • CPUに類する制御装置は本体に搭載しない
  • 制御は無線EIA-232-E(RS232C)経由でPCから行う
  • 充電池8本から電源供給
  • 停止判定用LEDを搭載
  • 制御ソフトウェアへの入力は車体のスタートのみ
    • 競技場情報などのパラメータを渡してはいけない
  • 車体の位置を定義する代表点を定めること
    • 点の直径は5mm以内とする
    • 点の中心と車体の中心の距離は5cm以内とする
    • スタート地点,手数の判定に利用
    • 点の位置を容易に目で追えるようにすること
車体

4.スタート規定
マシンの動作開始位置は,以下の条件を満たさなければならない.

  • 数字から15cm離れた下図の4点のいずれか
  • 車体の代表点がスタート地点から2cm以内である
  • 車体が数字に触れていない
車体


マシンの動作開始位置は,次のように決定する.

  • 置き場所の指定
    • 各チームが一箇所ずつ置き場所を指定できる
  • 向きの指定
    • 自チームで進行方向を指定できる
  • スタート動作は審判が行う
    • PC上でスイッチを押す
5.手数規定
車体の代表点が下図の赤線をまたいだ回数を手数とする.
実際は赤線ではなく,センサが反応しにくい蛍光ペンで引かれた.
手数


手数の数え方の一例を数に与える.

手数


6.評価方法
フィールドの数は5種類とし,各チームは1フィールドにつき2回ずつマシンを動作させ,計10回の試技を行う.
スタート位置は各チームが1フィールドにつき1回ずつ指定する.スタートの向きは自チームが決めてよい.
各フィールド各スタート位置ごとに勝敗を決定.全10走行の勝ち数が多いチームが優勝とする.

各試技における勝敗の評価は以下の通り.

  • 数字判定による得点(25点満点)
    • 正解なし → 失格
    • 1つだけ正解 → 10点
    • 2つとも正解 → 25点
  • 手数による得点(25点満点)
    • 手数が x → max { 25 ? x, 0 } 点
    • 手数の定義は下図を参照
  • 点数の高いグループが勝ち
    • 失格となった場合は負けとして扱う
  • 例:10手で2つとも正解
  • 判定得点25点+手数得点15点 = 40点

ここで,失格とは,次の条件の1つ以上を満たした場合を意味する.

  • 数字を1個も正解することができなかった.
  • 停止判定用LED点灯後動いた.
  • 2分以内に停止しなかった.
  • 車体が紙から完全に出た.
  • 走行中に人間が手を触れた.
7.その他
予算は1万円以内とする.充電池,無線RS232Cは別予算とする. ただし,増澤研内に落ちている部品は自由に利用してよい.