サイトマップ

1.概要
図形の描かれた4×9マスのフィールド上をマシンを走らせ、図形の判別を行う。
最終的に図形を正しく判別したのかと判別するまでの手数を競う。




2.フィールド規定
フィールドの規定を以下に示す.
  • B0用紙4枚で作成
  • 1マスは20cm×20cm
  • 線の太さは4cm
  • 4マス×9マス
  • フィールド用紙の端と端線の間は上下左右少なくとも20cm以上
  • スタート地点は一番左下のマス,ゴール地点はいちばん右上のマス
  • 図形の線とフィールドの枠線の間は6cmあける
  • 図形の線の太さも4cm
  フィールド1

3.図形の規定
図形のパターンは予め決定されている
  • 図形は8種類(1番〜8番)
  • フィールドには8種類に図形の中で一つが書かれている
    • 図形は回転して書かれている場合もあり
    • 図形が書かれている場所はランダム
また、隣接した番号の図形は似ている
  • N番図形は(N+1)番図形、(N-1)番図形と似ている
  • 1番図形と8番図形も似ている
実際のフィールドの例

4.車体規定
作成するマシンは,以下の条件を満たさなければならない(下図の通り).
  • 常に18cm×18cmの正方形に収まる大きさ
  • CPUに類する制御装置は本体に搭載しない
  • 制御は無線EIA-232-E(RS232C)経由でPCから行う
  • 充電池8本から電源供給
  • 7セグメントを車体の上、よく見える場所に設置
  • 制御ソフトウェアへの入力
    • 車体のスタート
  • 車体の位置を定義する代表点を定めること
    • 点の直径は10mm以内とする
    • マス指定の判定に利用
    • 点の位置を容易に目で追えるようにすること
車体
5.開始時の規定
  • 開始位置は審判の指定したマス  
    • スタート地点でのマシンの向きは自由に設定可能
  • スタート動作は審判が行う
    • PC上でスイッチを押す
6.動作終了判定
7セグメントに認識した図形の番号を出力
  • 図形の番号を出力することで、探索終了を確認
  • 走行中に出力禁止、必ず完全に止まってから出力すること
7.失格規定
以下の条件をひとつでも満たせば失格である.
  • 答え出力後に動作した
    • 「走行中に7セグメントで答えを出力した」を含む
  • 代表点がフィールドの外に出た
  • 7分以内に7セグメントが点灯しなかった
  • 走行中に人間が手を触れた
  • 7分以内に答えの出力をしなかった
8.手数の規定
代表点が入ったマスの数が手数
  • 代表点が枠線を超えるたびに+1の手数
  • 上下左右のマスへ1手で移動可能
  • 斜めのマスへの移動は2手必要
9.評価方法
フィールドの数は5種類とする. 両チームは各フィールドにつき1回ずつ,計5回の競技を行う.
  • 各フィールドで指定されたマスからのスタート
勝利チーム決定方法
  • 正解を当てたチームが勝ち点を獲得
    • 両方とも正解の場合は、手数が少ないほうが勝ち
  • 両方不正解の場合は、正解との誤差の程度で判断
    • 同点の場合は手数が少ないほうが勝ち
  • 両チーム失格の場合は、引き分けとする
  • 全5走行のうち勝ち点が多いチームが勝利
10.その他
予算は1万円以内とする.充電池,無線RS232Cは別予算とする. ただし,増澤研内に落ちている部品は自由に利用してよい. 必要な場合,参考書・工具の予算を支給する.